スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 戦場の不文律
 三崎の右手が金髪の鼻先をかする。正確には、三崎がかすらせた。鼻骨を折る努力は最小限に抑え、相手の恐怖を最大限に引き出す。相手が痛みに気付くまでの間に三崎は口を歪めて目を細めた。時間差で金髪が顔を歪める。今までに感じたことのない痛みなのだろう、曲がった鼻に手を触れた瞬間、金髪はその場に腰を落として声にならない悲鳴を上げた。
 三崎の視線はすでに次のターゲットをとらえていた。金髪の悲鳴は三崎の耳に届かない。
 怒鳴り声を上げながらリーゼントが突っ込んでくる。大振りで振り下ろされてくる右拳を左手で受け流し、最小の動線で抜手をみぞおちへ入れる。柔らかな筋肉の隙間に鈍い外圧がかかる。
一瞬の嗚咽のあと前かがみに崩れ落ちたリーゼントは、腹をおさえて地面に転がると、ぴくぴくと痙攣し始めていた。
 三崎はスーツについた埃を払うように、右手の甲を撫で、一呼吸おいてスーツの襟をつまんで正した。倉庫の屋根を見上げて、痛みで立ち上がれない彼ら。三崎は声を張り上げた。芝居がかった台詞が地面に沿ってうなされる青年らの耳に届く。
「おお、チンピラよ、死んでしまうとは情けない!」
 三崎は倉庫唯一の出入り口へと向かいながら、深呼吸するように両手を左右に広げ、歌い上げるように叫ぶ。開いている出入り口から、倉庫に面している道路の街灯が力弱く周辺を照らしている。
「今一度、チャンスを与える、魔王三崎を倒してくるのだ!」
 三崎は出入り口の扉の取っ手に手を掛けた。
 金髪が情けない顔をこちらに向けているのを三崎は背中で感じた。
 打撃で腫れあがった息子の頬や内出血で青黒く染まった背中や腹を思い返しながら、その重い扉を勢いよく閉じると、地響きのような轟音が倉庫内に走った。ゆっくりと、新たな静寂が倉庫内を浸食する。外部から切り取られた倉庫の空気に、彼らも少しは勘づいたか? と、三崎は話しだすタイミングを計る。本番はこれからだ。これからがお前らの……。
 三崎の後ろで地面を這う音が遠ざかっていく。リーゼントが理解したようだ。少し遅れて金髪の気配も急いで遠ざかっていく。彼もやっと、事態を把握できたようだ。
 ――バラモス役は、息子からおれが引き継いだ。
 三崎は高らかに謳った。
 「さあ、勇者たちよ! 死ぬまでバラモスに立ち向かうのだ!」
 満を持して倉庫内を振り返ると、金髪とリーゼントが、懇願するように、許しを請うように、こちらを見ていた。
 理由にならないよ、と、三崎は胸の前で両の拳を叩き合わせ、彼らに向かってゆっくりと歩き出した。


| 23:55 | 日記 | comments(0) | - |
 映画化
死神の精度、3月22日ロードショー。
映画の公開が待ち遠しいのはこれが初めてです。

| 23:01 | 日記 | comments(0) | - |
 無題
「高齢出産が珍しくない時代、傷つく人がいることが分からないのか」
「電車の中で電話をしたら、周りが迷惑するのが分からないのか」
「『記憶にありません』、世間が許すと思っているのか」

これらの意見は、少しずれている気がする。
「羊水が腐る」発言は、同じ女性の意見であり、「全ての男は消耗品である」と男が男に言われることと何か違うのだろうか。言葉を深く突き詰めていくと絶望するしかないのだが、いちいち気にしていたら、生きていけない。
ちょっと、真に受けすぎだと思う。デリカシーのない発言だとは思うが、まさか本気でそう思ってるわけでもないだろうし、「羊水が腐るのは頭の腐ってる人だけですよ〜(笑」なんて皮肉をこめた軽くジョークを「一言だけ」返せばいいのだと思う。日本人は人の世話を焼きすぎなのだ。「誰かが傷ついているから、代わりに怒ってやる」それは正義ではなくて、悪趣味な自己満足だ。

「私は雨が嫌いだから、今年の夏は雨が降らなくて嬉しかった」
「農家の人は日照り続きで苦労してるのに、よくそんな不謹慎なことが言えるな!」ラジオのパーソナリティーがこんな苦情を受けても相手にしないと思う。これと同じレベルで考えることはできないだろうか。
今回の羊水発言は、上の例え話よりは公共性があると思う人も多いと思う。しかし、一歌手の、しかも25歳くらいの人の発言だ。別に人格的に立派だなんて誰も言ってないし、深夜のラジオ番組での発言がこんなに取り上げられるなんて、マスコミも世間と呼ばれる人々も少し自己意識が過剰すぎる。本当に傷ついている人もいるかもしれないが、ラジオパーソナリティーはその人たちに対して真摯に謝ればいいわけで、勝手に騒ぎ立てて勝手に憤慨している「世間」に対して何も謝る必要はない。正義感を押し付ける人たちほど迷惑なものはないと思う。

| 15:10 | 日記 | comments(0) | - |
 悪影響
 江原啓之さんは四十三歳。私の友人のほうが、遥かに、立派だ。

 カウンセリングを望んでいたとしても結果が変わらなかった可能性に気が及んでいない。
 私より二十年も人生を長く経験していながら責任を軽んじているあたり、危機的な子供らしさを感じてしまう。
 尊敬できる大人なんていないんだ、と、子供たちが勘違いするじゃないか。
 イチローとか松井とか、個人的には木村拓哉とか、かっこいい大人もたくさんいるんだよー。

| 22:47 | 日記 | comments(0) | - |
 まるい目の作り方
 フォークがまがるのを肉眼で観察したときには、ふだんは冷静を装うKも、目をまるくした。ピッチャーが放る、打者のてまえで下におちるフォークではなく、ステーキをナイフで切るときに、左手にもたれる、あのフォークである。父は超能力者だったのだ。
 なぜ、超能力者がスプーンを選ぶのかは知らないが、父がフォークを選ぶのには理由があった。フォークよりも使用頻度の高いスプーンをまげてしまうと、母にみつかって怒られるからだ。スプーンをまげた日、母の落雷に父の腰も深々とまがった。
 スプーンの柄は筋力でまがる。実際Kの力でも、ぐにゃっと「くの字」にまげられた。親父は自衛隊に所属していたから、スプーンをまげるのも、りんごを握りつぶすのも、赤子の手をひねるのも、全て同じ理屈で説明されてしまうだろう。でも、フォークをひねるのと赤子の手をひねるのは、やっぱり違う。Kも頑張ったが、ひねれはしなかった。







 このあと四つ又の部分を父が一つ一つまげるのをみて、またKの目はまるくなった。

| 17:26 | 日記 | comments(0) | - |
| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.